キャッシングの良い点・悪い点

キャッシングを実際に利用した人が感じた「良い点・悪い点」を集めてみました。

キャッシングの良い点・悪い点

キャッシングの良い点

キャッシングは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などで取り扱われています。 個人がお金を借りる上で、キャッシングはとても利便性が高いものです。 では、キャッシングのメリットとはどのようなものでしょうか。

まず、キャッシングを扱う金融機関の大半は、担保や保証人を必要としません。ですから、思い立ったらすぐに契約することができます。 さらに、申し込み後の審査が迅速であり、特に問題がなければすぐに融資を受けられます。特に、消費者金融のキャッシングの場合、小一時間ほどで契約に至るケースも多いのです。>>融資に関する各種取決めについてはこちら

また、インターネットを利用して、申し込みから融資までが行えるところもあります。この場合は、金融機関の店頭に出向く時間と手間が省けます。 また、お金の返済や借り入れの手続きが簡単に行えます。

キャッシングでは、銀行口座や金融機関の窓口、提携しているATMやCDなどが利用できます。 たとえば、コンビニのATMは24時間年中無休です。そのため、曜日や時間を選ばず、必要な時に借り入れや返済が可能です。

キャッシングにはこうしたメリットがあり、多くの人に広く支持されているのです。

キャッシングの悪い点

キャッシングは、個人がお金を借りるにあたってとても便利なサービスです。 しかし、利用に際しては注意すべき点もあります。

キャッシングのデメリットとしては、通常の銀行ローンなどに比べると利息が高いということが挙げられます。

基本的に、キャッシングの利息は日割で計算されます。そのため、借りたお金を短期間に返済すれば、払う利息は少なく抑えられます。 逆に、借り入れ期間が長くなればなるほど利息もどんどんかさんでいきます。これが最終的に返済額を増やしてしまう原因ともなります。

また、キャッシングは手軽かつスピーディーにお金を借りることができます。その利便性の影響で、金銭感覚が鈍くなることがあります。 つまり、生活の中でお金を使いすぎ、また安易にキャッシングを利用するという悪循環に陥る可能性があるわけです。 結果として、自分の返済能力以上の借金を抱えることにもなりかねません。返済が滞れば、自分の信用度が著しく下がることにつながります。

キャッシングにおいては、利用や返済を計画的に行うことが必要不可欠なのです。